第八回 雅楽と国際文化交流

日時:2017年4月7日(金) 18:00

会場:紀尾井小ホール

第一部:講演 『最近の国際情勢 - トランプ政権の誕生、国連、アフリカをめぐり』

    講師:大島 賢三(元・国連大使、一般社団法人アフリカ協会理事長)

第二部:雅楽 管絃『太食調音取』『傾盃楽急』『輪鼓褌脱』、舞楽『迦陵頻』、笛の独奏『双調音取』、『鳥急』

    演奏:公益社団法人 北之台雅楽アンサンブル

    特別出演:安齋 省吾(元・宮内庁式部職楽部首席楽長)

主催:公益社団法人北之台雅楽アンサンブル

後援:チュニジア共和国大使館

助成:公益財団法人新日鉄住金文化財団

 



画像をクリックすると拡大写真が見られます

 各国大使館関係者、外務省、政界、財界、音楽関係者といった幅広い方々をご招待しての、第八回「雅楽と国際文化交流」を、4月7日(金)18:00より紀尾井小ホールにて開催致しました。

 今回は直前に講師の変更という予想外の出来事もありましたが、本公演に参加を予定されていた大島賢三元国連大使に、急なお願いにもかかわらず講師を快諾していただき、大きなトラブルにならずに公演を無事終えることができました。

 大島元国連大使の講演は、現在多くの方が興味を持たれているトランプ政権誕生後の国際情勢という難しい内容を、具体的な数字や画像とともにご解説いただき、非常に理解し易いものでした。
 また、アフリカにおける日本の貢献等、普段の私たちには馴染みのないこともご披露いただき、まさに国際文化交流の名にふさわしい内容のものでした。

 後援いただいた在日チュニジア大使館からは、カイス・ダラジ特命全権大使のご来臨を賜り、当アンサンブルが日本伝統芸術である雅楽を通して国際文化交流に取り組んでいることへの感謝のお言葉をいただきました。
 当アンサンブルは、過去2回にわたりチュニジアで雅楽公演を実施しており、雅楽による国際文化交流を多くの方々に評価されました。

 第二部の雅楽演奏では、元宮内庁首席楽長の安齋先生にご出演いただき、管絃2曲、舞楽1曲をともに演奏していただきました。
 最後に安齋先生の龍笛独奏で公演は締めくくられ、好評のうちに終了致しました。

 聴衆からは「大島大使のお話は判り易く、最近のアフリカも含めた世界情勢をコンパクトに総括して戴き、勉強になりました」「日頃、慣れ親しんだ国柄でないアフリカが主題で大変興味深く、感銘を受けたお話でした」「間近で聴く雅楽の音色は、とても迫力があり、とても刺激になりました」「日頃の猛練習の成果が見られ、手慣れた安斎先生の独奏と相まって、引き締まった舞台でした」と、好評を博しました。

 当アンサンブルは国際文化交流活動の一環として、今後も国際社会で活躍される国内外の有識者をお招きし、多岐にわたる分野をテーマに講演会を行なっていく予定です。

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ