第7回 雅楽と国際文化交流

 

日 時:2016年5月22日

場 所:紀尾井小ホール(東京都千代田区)

第一部 講演: 欧州連合(EU)の現況と外交活動、並びに皇室の御活動とその役割(雑話)

 講師:末綱隆氏(元・警視庁副総監、前・宮内庁東宮侍従長、元・在ルクセンブルク大公国日本国特命全権大使)

第二部 雅楽:舞楽「陵王」「甘州」
       神楽笛独奏「朝倉音取」(元宮内庁式部職楽部首席楽長、安齋省吾先生)

 出演:北之台雅楽アンサンブル
 特別出演:安齋省吾氏(元・宮内庁式部職楽部首席楽長)

主 催:公益社団法人 北之台雅楽アンサンブル

後 援:ルクセンブルク大公国大使館

助 成:公益財団法人 新日鉄住金文化財団

 



画像をクリックすると拡大写真が見られます

 

 海外で活躍される有識者を講師としてお招きし、講演と雅楽紹介を行う「雅楽と国際文化交流」が第7回目を迎え、去る5月22日(日)四谷・紀尾井小ホールにて行われました。当日は、駐日クロアチア共和国ドラジェン・フラスティッチ特命全権大使ご夫妻を始め、各界からの多数ご来賓を含め約200名の観衆が集いました。

 第1部の講演では、末綱隆氏(元警視庁副総監、元東宮侍従長、元在ルクセンブルク大公国日本国特命全権大使)にご講演いただきました。
 末綱氏には2011年9月の当アンサンブル欧州公演の際、「ルクセンブルク国立音楽院雅楽公演」にご高配を賜り、今回の講演依頼も快くお引き受け下さいました。
 『欧州連合の現況と外交活動、並びに皇室の御活動とその役割』をテーマに講演は行われ、1時間という限られた時間の中ではありましたが、配布資料及びスライドを用い多くの観衆の関心を集めました。ルクセンブルク大公国の紹介から始まり、現在EUが抱える諸問題を分かりやすく解説。また元東宮侍従長として、日頃触れることのできない皇室のご活動について、特に伝統文化の保護と継承に果たす皇室の役割なども説明していただき、大変有意義なご講演となりました。

 第2部の雅楽では、本年1月の日本ベルギー修好150周年記念公演で披露した舞楽「陵王」と「甘州」を当アンサンブルが演奏しました。
 今回もベルギー公演に続き、宮内庁式部職楽部、元・首席楽長の安齋省吾先生に特別出演をお願いし、龍笛、鞨鼓の演奏と、公演の最後に神楽笛の「朝倉音取」の独奏をしていただきました。

 来場者からは、「講演もたいへん勉強になり、舞台公演も素晴らしく舞楽が輝いて見えました」「外交を通してのEU関係、皇室のお話も良く理解できました」「二つの舞楽と神楽笛は圧巻でした」「素晴らしい!」などの賛辞を多数いただきました。

 今後も国際文化交流活動の一環として、本公演を継続していく予定です。

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ