第6回 雅楽と国際文化交流

日 時:2015年11月8日(日) 14:00

場 所:ヤマハホール(ヤマハ銀座ビル7階 東京都中央区銀座7-9-14)

出 演:第1部 ジャズ:タイガー大越(トランペット・米国バークリー音楽大学教授)
        ゲストミュージッシャン:クリヤマコト(ピアノ)

    第2部 雅楽:十二音会(管絃:盤渉調音取・越殿楽・千秋楽 / 舞楽:陵王)
        特別出演:大窪永夫(前・宮内庁式部職楽部首席楽長)

主 催:公益社団法人 北之台雅楽アンサンブル

後 援:一般社団法人 日米協会


画像をクリックすると拡大写真が見られます

 

 2015年11月8日(日)、銀座ヤマハホールにて行われた第6回「雅楽と国際文化交流」は、従来と趣向を変えてジャズの生演奏と雅楽演奏の競演となった。

 当アンサンブル特別顧問の森英介・衆議院議員を始め、横田淳・元在ベルギー日本国特命全権大使、引原毅・在ラオス日本国特命全権大使、モロッコ公演でご高配賜った岸均・元三井物産カサブランカ支社長他、政官財界から多数のご来賓をお迎えしての公演となった。
 司会は2度目となる「BSおかあさんといっしょ」の初代歌のおにいさん、ひなたおさむ氏。

 第一部はジャズ演奏。ジャズトランペットの第一人者にして、米国バークリー音楽大学教授として、その長年の功績から2014年に外務大臣表彰されたタイガー大越先生が登場。
 今年は阪神淡路大震災から20年の節目にあたり、自身も芦屋の自宅にて被災したタイガー先生は「明日に向かって、時の流れと共に今を生きる」というコンセプトのステージを展開。ピアノのクリヤ・マコト氏をゲストに迎え合計6曲を演奏した。

 第二部は雅楽演奏。「雅楽と国際文化交流」公演には今回で3回目となる十二音会が出演した。 元・宮内庁楽部首席楽長の安齋省吾先生の楽器紹介に続き、管絃は盤渉調の曲を3曲、舞楽は「陵王」を演奏した。ことに舞人として前・宮内庁楽部首席楽長の大窪永夫先生が特別出演してくださった。

 来賓からは「久しぶりに緊張感に満ちたコンサート」「Tigerさん、クリヤさんの真摯な音楽、雅楽の素晴らしさに心を打たれた」「素晴らしい文化の香りと和気あいあいとした会話を堪能した」など絶賛を博し閉幕した。

 今回ご協力いただいた関係各位はじめ、ご来場いただいたすべての方々に深く感謝申し上げる次第である。

 尚、次回第7回は、2016年5月22日(日)、紀尾井小ホールにて、末綱隆・元在ルクセンブルグ日本国特命全権大使を講師にお迎えし、「欧州連合(EU)の現況と外交活動、並びに皇室の御活動とその役割」をテーマにご講演いただく予定である。
 雅楽演奏は公益社団法人北之台雅楽アンサンブルが行い、安齋先生が特別出演される。

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ