2014年2月1日 第3回 「雅楽と国際文化交流」
「ベルギー・日本の文化交流150年(2016)に向けて」


後援:在日ベルギー王国大使館

 


画像をクリックすると拡大写真が見られます


 2014年2月1日(土)、第3回「雅楽と国際文化交流」(雅楽演奏&講演会)が昨年に引き続き、東京銀座十字屋ホールを会場として開催された。
 当日は、当アンサンブル特別顧問である森英介・衆議院議員、クリストフ・ドゥ・バッソンピエール・ベルギー臨時代理大使、横田淳・前駐ベルギー日本大使、安齋省吾・前宮内庁式部職楽部首席楽長を始めとするご来賓に加え、100名近い一般参加のお客様にご来場いただいた。

 冒頭、森特別顧問のご挨拶ののち、第一部の雅楽演奏が行われた。昨年10月に行われたアメリカ東海岸大学公演の演目より、管絃『太食調音取』『輪鼓褌脱』及び舞楽『青海波』を披露。

 第二部では、横田前駐ベルギー日本大使のご挨拶に次いで、ヨーロッパにおける日本学の権威、ベルギー・ルーヴァン・カソリック大学文学部東方・スラブ学科長のウィリー・ヴァンドゥワラ教授が登壇。『ベルギー・日本の文化交流150年(2016)に向けて』をテーマに講演が行われた。

 来る2016年は、ベルギー王国(1830年建国)と日本の外交関係が始まった1866年日白修好通商航海条約締結より150周年の節目を迎えるが、歴史上のベルギー人との交流はポルトガルとの接触が始まった16世紀に遡る。爾来、日本へのキリスト教の伝道、本草学(植物学)の影響、貿易関係等において、ベルギー人が多面的な役割を果たしてきたことが写真映像を交え、詳細に紹介された。
 特に、第一次大戦下にドイツ軍の放火によって全壊したルーヴァン・カソリック大学図書館の復興事業に対し、日本が関東大震災(1923年)の被害の中でも多くの日本関係の書物を集め同大学に寄贈した話。一方、関東大震災に見舞われ、多くの被害に苦しむ日本の被災者に対し、ベルギー政府は、米英に次ぐ三番目の高額の義援金を日本に送った話など、あまり知られていない逸話が披露され聴衆の感動を誘った。

 その後行われたレセプションに先立ち、当アンサンブル井口理事長が御礼挨拶。次いでドゥ・バッソンピエール臨時代理大使がベルギー日本友好150周年を祝うご挨拶を下さった。
 関東大震災当時、被災者救済に奔放されたアルベール・ドゥ・バッソンピエール駐日ベルギー大使(在任1920~1939)は、今回臨時代理大使としてご来場下さったクリストフ・ドゥ・バッソンピエール氏の曽祖父に当たる奇遇であった。

 講演終了後は、両国の友好の永続性を祈念し、木戸泉酒造(千葉県大原市)の自然酒による樽酒を鏡開きし、参加者全員で乾杯。レセプション料理は、八角元駐ルクセンブルグ日本大使館参事官夫人・八角久子様にアレンジいただき、ベルギーの代表的な料理であるフラマン風カルボナード(ベルギービールによる牛肉の煮込み料理)、ベルギーの特産野菜であるチコリ前菜、手作りのベルギーワッフルが紹介された。加えて、ベルギー白ビール生、ベルギー王室御用達のノイハウス・チョコが準備され、参加者一同、美味なベルギー料理と懇談に時間を忘れるほどであった。

 当アンサンブルは国際文化交流活動の一環として、今後も国際社会で活躍される国内外の有識者をお招きし、多岐にわたる分野をテーマに講演会を行なっていく予定である。

 

第1回 講演内容を見る / 第2回 講演内容を見る / 第4回 講演内容を見る

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ