第11回 雅楽と国際文化交流

 

日時:2020年11月15日(日) 14時半~

会場:紀尾井小ホール(東京都千代田区)

プログラム:
 【第一部】歌曲
   歌 :日向由子、ひなたおさむ
  伴奏: 御園生瞳(ピアノ)、西田紀子(フルート)
  曲目:「幸せになる秘訣は」 オペラ『ルクレツィア・ボルジア』より乾杯の歌:日向由子
     「アメージング・グレイス」:日向由子
     「最上川舟歌」:日向由子
     「バラ色の人生」:ひなたおさむ
     「枯葉」:ひなたおさむ
     「雪が降る」ひなたおさむ
     「私の回転木馬」:ひなたおさむ
     「ベニスの謝肉祭」:西田紀子
     幻想曲「さくらさくら」:御園生瞳
     「野ばら」:日向由子
     「赤鬼と青鬼のタンゴ」:ひなたおさむ
     日本の歌メドレー:秋 「里の秋~紅葉~まっかな秋~村祭~ちいさい秋みつけた~赤とんぼ」日向由子、ひなたおさむ

【第二部】雅楽
  管絃:盤渉調「音取」「白柱」「蘇莫者破」
  舞楽:「甘州」
  ひなたさん姉弟と安齋省吾師による謡:「黄鐘調 越殿楽今様」「壱越調 君が代」

 特別出演:安齋省吾師(元宮内庁式部職楽部首席楽長)
 主催:公益社団法人北之台雅楽アンサンブル

 



画像をクリックすると拡大します

 

 雲一つない秋晴れの11月15日(日)、四谷紀尾井小ホールにて、「音楽は世界を結ぶ~新型コロナウィルス感染症の収束を願って」をテーマに「第11回雅楽と国際文化交流」を行いました。当日は新型コロナウィルスの感染拡大の中にもかかわらず、多くの方々にご来場いただき、会場は感染拡大防止の為、椅子を一つずつ空けた制限の中ではありましたが、118席が満席でした。ご来賓として、当該アンサンブル特別顧問でもある森英介衆議院議員、前駐仏日本国特命全権大使の木寺昌人氏他多くの方々にご来駕いただきました。

  冒頭、主催者である公益社団法人北之台雅楽アンサンブル井口陽一郎理事長より御礼挨拶を受け、第一部が開始。

   第一部は、ひなたおさむ氏と日向由子氏ご姉弟による歌曲。ピアノ(御園生瞳氏)とフルート(西田紀子氏)の伴奏で和洋多くの歌曲をご披露いただきました。「アメージンググレイス」「最上川舟歌」「バラ色の人生」「枯葉」「私の回転木馬」「野ばら」「赤鬼と青鬼のタンゴ」「日本の秋のメドレー」等々、お馴染みの曲をお二人の素晴らしい歌声で会場は魅了されました。

   第二部は、元宮内庁式部職楽部首席楽長の安齋省吾先生に特別出演いただき、雅楽演奏。管絃はコロナ感染で犠牲になられた方々のご冥福を祈るため「盤渉調」より選曲。「盤渉調音取」「白柱」「蘇莫者破」を演奏致しました。舞楽は邪気を祓う意味から「甘州」を披露。最後に、ひなたおさむ氏、日向由子氏が再登壇し、「越殿楽今様」と「君が代」を雅楽伴奏で歌っていただきました。

 参加者からは、「和・雅取り混ぜた新趣向にて、楽しませて頂きました。」「一部はいつも司会をするひなたおさむさんとお姉さんのオペラ歌手日向由子さんらによる馴染みあるポピュラーソング。二部の雅楽は遠い奈良時代にタイムスリップ、先に訪れた薬師寺や唐招提寺と重なり知的な時間でした。」など、多くの賛辞をいただきました。

 

 

雅楽と国際文化交流Top

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ