2012年8月18日 雅楽と国際文化交流
「第1回 外交官の仕事と現実 アフリカ」

共催:特定非営利活動法人 日本古典芸能雅楽普及会

(チラシを開く)

 8月18日(土)、当アンサンブルとNPO法人日本古典芸能雅楽普及会との共催で、「雅楽と国際文化交流」講演会が、平塚市中央公民館において開催された。冒頭、井口陽一郎理事長の挨拶ののち、木川康雄平塚市副市長、倉本憲一平塚市教育委員会学校教育部々長よりご挨拶をいただいた。雅楽紹介事業は日本の伝統を守り、育てる意義ある活動であるとともに、児童生徒の情操教育にも役立つ素晴らしい活動であると紹介された。
 講演に先立ち、当アンサンブル楽人による笙の演奏「越殿楽」が奏でられ、会場は天上の響きに包まれた。

 第一回目を記念する本講演では、元駐ルクセンブルグ日本国大使館参事官八角幸雄氏を講師としてお招きし、『外交官の仕事の現実、アフリカ』をテーマに講演をいただいた。
 八角氏はアフリカ(チュニジア、モロッコ、セネガル、コンゴ)及びヨーロッパ(ベルギー、ルクセンブルグ)、カナダ(モントリオール)と多くの国々の日本大使館の要職を歴任されるとともに、北之台雅楽アンサンブルの欧州公演の実現に際し、多大なるご支援、ご協力いただいた方である。

 本年3月に外交官を退官されるまでの30年にわたる海外経験を踏まえた、八角氏ならではの興味深い話しが多く、舞楽サークル会員を中心とした約50名の参加者からは、「マスコミでは語られない外交官の仕事の現実を知ることができた」「外務省の見方が変わった」など大好評であった。

 講演後は、八角夫人より、モロッコ風クスクス料理のレシピが紹介され、試食に参加者は一同舌鼓を鳴らした。

 当アンサンブルは、国際文化交流活動の一環として、今後も、国際社会で活躍される国内外の有識者をお招きし、多岐にわたる分野をテーマに講演会を行なっていく予定である。

 

第2回 講演内容を見る / 第3回 講演内容を見る / 第4回 講演内容を見る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ