「日本万国博覧会記念基金2019年度助成事業事例発表会」公演

日 時:2020年10月2日(金)14時~

場 所:大阪工業大学梅田キャンパス(OITタワー)常翔ホール

演 目:スライド写真を使った説明、舞楽『北庭楽』演奏

主 催:公益財団法人 関西・大阪21世紀協会

 去る10月2日、三方楽所の一つ「天王寺楽所」のお膝元・大阪にて、「日本万国博覧会記念基金2019年度助成事業事例発表会」が、当基金関係者及び2021年度助成申請説明会に参加された諸団体代表者約100名を対象に実施されました。
 当記念基金が2019年度に助成を行った46事業のうち、事例発表として選抜された3事業の一つとして当該アンサンブルが実施した「2019オーストリア・ポーランド雅楽公演」が選ばれる光栄に預かりました。他に「Peace Art Project inひろしま」実行委員会と教育支援グローバル基金が招聘されました。
 当初本年5月に予定されていた本事例発表会は新型コロナウイルス感染症拡大のため10月に延期され、入場者も一部制限する等、万全な感染防止対策の中、実施されました。
 当該アンサンブル事例発表では、冒頭、龍笛、篳篥、笙の楽器紹介を行ったのち、井口峰子副理事長よりオーストリアのリンツ及びウィーン、そしてポーランドのクラコフ及びワルシャワの各公演のスライド写真を提示しながら概要が説明されました。その後、オーストリア・ポーランド公演の演目の一つである舞楽『北庭楽』を奏しました。
 来場者からは「雅楽を生で観る機会がなく、とても良かった」「笙も和音ということを初めて聞き、びっくりした」等、多くのご好評をいただきました。

 事例発表会の様子はこちらからご覧いただけます
 https://www.youtube.com/watch?v=wDI2xfLJ028&feature=youtu.be

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ