「聴いて触れる雅楽」公演

日時:2015年11月22日(日) 13時

場所:登別市民会館 大ホール(北海道登別市)

出演:公益社団法人 北之台雅樂アンサンブル

客演:安齋省吾先生(元・宮内庁式部職楽部首席楽長)

演目:第1部 管絃 壱越調音取、迦陵頻急、胡飲酒破
   第2部 舞楽 陵王、青海波

主催:「はじめての雅楽」実行委員会

後援:登別市、登別市教育委員会、登別市文化・スポーツ振興財団、登別商工会議所
   登別観光協会、登別市文化協会、北海道新聞室蘭支社、室蘭民報社(記事を読む

 


画像をクリックすると拡大写真が見られます

2013年3月の「聴いて触れる はじめての雅楽」に続く、2回目となる北海道登別市における「聴いて触れる雅楽」公演が11月22日に開催された。この公演は登別市市制施行45周年記念事業に認定され、多数の方々の協力のもとに実現となった公演である。

これに先立ち、前日の21日には登別市立緑陽中学校にて雅楽鑑賞と体験教室を実施、全校生徒380名に教職員と父兄も参加した。
鑑賞では管絃「平調音取」「越天楽」、舞楽「陵王」を披露した。初めて触れる雅楽に生徒たちは真剣な眼差しで演奏に聞き入っていた。
体験教室では全員で「平調越天楽」の龍笛の唱歌を歌った。次いで各グループの代表者が各楽器を体験。こちらはグループあたりの人数が多いために全員が実際に楽器を体験するということとはならなかったが、各楽器の説明に真剣に聞き入っていた。

公演は前回と同じく登別市民会館にて開催され、登別・室蘭・伊達・白老・苫小牧からと多くの市民に加え、市内高齢者福祉施設の方々や、室蘭工業大学の留学生の方々もご来場くださり、400名以上の来場者があった。
開演に先立ち北海道議、登別市教育長が挨拶され、次いで堀井学衆議院議員からのメーッセージが読まれ、本公演に対する熱い期待を述べられた。

演目は、第一部は管絃。まず楽器紹介が行われ、壱越調音取に続き迦陵頻急、胡飲酒破を奏し、休憩を挟んだ第二部は舞楽で陵王と青海波を演奏した。

今回は、当アンサンブルが現在師事している安齋省吾先生が客演として参加してくださり、管絃では鞨鼓、舞楽では龍笛を奏してくださった。

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ