第22回みやまえ太鼓ミーティング 雅楽演奏

日 時:8月27日(土)14時
場 所:宮前市民館 大ホール(神奈川県川崎市)
曲 目:「小乱聲」「陵王乱序」「平調音取」「陪臚」

 川崎市宮前区では、「打つ 響く 広がりふれあう まちづくり」をスローガンに、地域文化を通して個性豊かで魅力のあるまちづくりを目的として、平成11年から「響け!みやまえ太鼓ミーティング」を開催しています。
 第22回は令和2年8月に開催されることになっていましたが、新型コロナウイルス感染拡大状況によって中止となりました。令和3年度も開催にあたって出演依頼を受けておりましたが、同じく新型コロナウイルス感染拡大の状況によって、2年連続の中止ということになりました。
 今年は、区制40周年ということもあって、実行委員会の皆さんの努力によって、開催される運びとなりました。
 本来であれば、第24回の太鼓ミーティングになるはずでしたが、2回の中止を受け、令和4年度の太鼓ミーティングを22回としての開催を迎えたとのことでした。
 当アンサンブルの川崎市での雅楽公演は、川崎市立犬蔵小学校で2005年と2009年に体験学習を実施しており、また宮前市民館では2001年と2005年の2回の演奏会を実施しています。今回の太鼓ミーティングの出演は、宮前市民館での3回目の出演となりました。
 今回は、太鼓ミーティングのゲスト出演として参加し、実行委員長、区長の挨拶後、最初の演奏となりました。演奏は、9月19日から出発するスイス・パリ雅楽公演で演奏する曲目を披露しました。舞楽「陵王」より「小乱聲」「陵王乱序」を紹介し、最後に管絃「陪臚」を披露しました。全体として15分という限られた演奏時間ではありましたが、「伝統芸能に触れられて感動」という感想や「雅楽の古来の楽器の説明も聞きたい」といった意見がありました。
 参加された市民の方々からは、「今年の太鼓ミーティング発表がとにかく待ち遠しかった」「それぞれ、力強くて感動しました。ありがとうございました」といった感想がありました。

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ