フランス・ジャポニスム2018雅楽公演
1500年の継承をみる雅楽の楽器と装束


公演日時・場所
2019年1月25日(金)19時~ パリ公演(パリ国際大学都市 日本館)
2019年1月26日(土)20時~ リュエイユ・マルメゾン公演(アテネ劇場)

演目
【第一部】
和琴独奏「庭燎(にわび)」「小前張(こさいばり)の音取」
楽器紹介
管絃「平調音取」「越殿楽」
朗詠「嘉辰」
装束紹介

【第二部】
舞楽「甘州」「陵王」

特別出演
安齋省吾師(元宮内庁式部職楽部首席楽長)

演奏
公益社団法人北之台雅楽アンサンブル

協力

 

「フランス・ジャポニスム2018雅楽公演」として、2019年1月25日にパリ国際大学都市・日本館にて、翌1月26日には、パリの郊外にあるリュエイユ・マルメゾン市アテネ劇場において二公演を実施致しました。いずれも会場は満席となり、大盛況の内に終えることが出来ました。

 両公演とも、日仏友好160周年記念として実施された「ジャポニスム2018」参加企画の認定を国際交流基金よりいただきました。

 2018年6月から2019年2月までの期間、首都パリを中心に実施された「ジャポニスム2018」は、「響き合う魂」を日仏両国の共通のコンセプトとしました。日本文化の特質として、「異物の混在とその調和」のもと、「物質から離れた精神性を大自然から感じ取る日本人独特の美意識」に焦点が当てられたものです。古代縄文の考古の美(縄文土器展)始め、宮内庁による雅楽、能、歌舞伎等の舞台芸術、伊藤若冲展、藤田嗣治展、そして日本の最新技術を駆使した現代アート等まで、多様なジャンルの芸術文化を通して、日本文化を紹介した一大文化イベントでした。

 こうした中、当該公演は『1,500年の継承を見る雅楽の楽器と装束』をテーマに、雅楽の楽器、装束に焦点を当てつつ、管絃、舞楽、朗詠を演奏し、バラエティーに富んだ音楽性を披露し、より分かりやすい形でフランスの聴衆に雅楽に親しんでいただくことを願いとし、多くの好評をいただくことが出来ました。

 特に、リュエイユ・マルメゾン公演は、同市と千葉県東金市との長年に渉る姉妹都市交流の一環として行われ、志賀直温・前東金市長及び鹿間陸郎・現東金市長のご高配のもと、本事業が実現しました。現地では、リュエイユ・マルメゾン市パトリック・オリエ市長、フィリップ・トロタン副市長始め同市全スタッフをあげて歓迎いただき、運営は全てリュエイユ・マルメゾン市によって行われました。

 






画像をクリックすると拡大写真が見られます

主な反響

・ルエイユ・マルメゾン市としまして、皆様方のような格調高い団体をお迎え出来ましたことは大変光栄なことであり、この上ない喜びでした。このような素晴らしい公演を再度企画しまして皆様方に再会できる機会を得ることを心待ちにしております。どうぞ東金市の皆様方に御礼と友情の念をお伝えいただけば幸甚です。
・この度のとても美しい公演を心より御礼申し上げます。私にとりましては大きな一つの発見でした。そして何よりも美しかったの一言です。
・先日はとても素晴らしい公演でした。丁寧な解説があり、解説冊子があり、これまで拝見したどの公演よりも雅楽というものが理解でき楽しませて頂きました。改めまして御礼申し上げます。今年も海外でのご講演が目白押しとのこと、北之台雅楽アンサンブル様のますますのご活躍とご成功をお祈り申し上げます。
・パリ日本館では藤田嗣治画伯の壁画を背に、優美な雅楽の演奏、舞をアカデミッ クで、リラックスしたな雰囲気で鑑賞させていただきました。 会場は一杯で、立ち見の方達も多かったのですが、皆さん、舞と音色に心をよせられ、終わった時は心残りのようでした。西洋人の人がほとんどでしたがその中で、東南アジア風の若い女性が、フランスの友人達に自国の舞について 語っていたこと、「三十年、パリに住んでいるが、雅楽をこんなに近くで観る事ができるとは思いもしなかった日本でもできないこと」と感激していらした婦人の声が印象に残っています。マルメゾンは小さな会場でしたが音響、特に照明が素晴らしく、光に照らし出された衣装、動き、立ち姿の、美しさに心打たれました。

甘州≫ お二人のきりりとした動きがぴったり合って、指先のしなやかな動きまで輝いていました。
陵王≫ まず光の中に立ち上がった仮面、衣装、姿の美しさに心打ましたが、私が一番驚いたのは動きの軽やかさでした。何度も右、左の斜め前に舞い上がられましたが、あまりに足の動きが軽やかなので、鶴が舞いあがっているようでした。陵王の勇ましさより、王が隠そうとしたと言われる美しさに魅せられました。
女性の着物≫ 平安時代の十二一重と現在の着物では、姿勢の良さ、足運びの美しさが印象に残っています。
お呈茶≫ 200人のお客様の1人1人に,点てたばかりのお茶を、美しい茶碗で差し上げられるための準備、心使いに打たれました。大劇場ではありえない接待を受けられたマルメゾンの人達は日本の心を感じられたことと思います。

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ