11月6日 ユネスコ 世界音楽の祭典 in 浜松 2016

 

日時:2016年11月6日 13:30

場所:アクトシティ浜松大ホール

主催:ユネスコ音楽都市はままつ推進事業実行委員会 / 浜松市

協賛:文化庁、ローランド、カワイ、ヤマハ

演目:朗詠『嘉辰』、舞楽『甘州』(以上アンサンブル)、『平調越殿楽』(タイガー大越先生との共演)

入場者数:約1000名

 浜松市は2014年(平成26年)12月、ユネスコ創造都市ネットワークに加盟しました。音楽分野での加盟はアジアで初めてののことです。2015年末には新たな都市も加わり、世界の19に及ぶ都市が一つのネットワークに結ばれ、音楽の持つ無限の可能性をともに探求しています。
 2016年、ユネスコ創造都市ネットワーク音楽分野加盟都市のうち13都市から、地域を代表するトップアーティストが「音楽の都・浜松」に集結し、“多様な楽器と音楽文化がジャンルを超えて融合する新しいカタチの音楽祭”-「世界音楽の祭典 in 浜松 2016」を開催するに至りました。
 アフリカ、ヨーロッパ、中南米からアジアまで、海を越えて世界から集まるミュージシャン達の感動的なパフォーマンスが4日間繰り広げられました。
 当アンサンブルはアメリカ、ボストンのバークリー音楽大学教授のタイガー大越先生のトランペットとの共演という形で参加致しました。

 観客からは「タイガー先生の魂の叫びのようなトランペットの音に感動しました」「東洋の音楽と西洋のトランペットの融合された音楽となった」等の声が聞かれました。

  

 中日新聞の記事を読む

 

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ