「伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業」への協力
(旧名称・プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」)

 

 この事業は、2014年度までは『プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」』と題し、毎年市町村教育委員会を通じ応募された各教育事務所管内から14の小中学校、およそ2,300名を越える児童・生徒さんが参加しました。
 2015年度からは「伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業」と装いを新たにして実施されることとなりました。
 千葉県環境生活部県民生活・文化課の策定した「伝統芸能・洋楽 ~ ふれあい体験事業実施要項(伝統芸能)」に基づき行われるもので、その目的は、「県内の小・中学校の児童・生徒を対象に、邦楽理解の向上と伝統的音楽文化の普及・振興、並びに邦楽における後継者育成に寄与することを目的として、プロの和楽器奏者等(三曲、雅楽及び能楽)を学校に派遣し、邦楽の演奏体験と鑑賞を行う」というものです。

 年度をクリックして下さい。一覧が表示されます。