伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業

2015年12月15日 第6回 鴨川市立長狭学園

 

 今年度最後となる第6回は小中一貫教育校の鴨川市立長狭学園です。
 この地域は、明治天皇即位の時の大嘗祭で斎田とされた主基斎田があったところで、雅楽とは縁の深い土地です。
 1年生から9年生(中学3年生)約300名を対象に管絃「平調越殿楽」と舞楽「迦陵頻」の鑑賞を行いました。また6年生と8年生(中学2年生)は楽器体験・舞の手体験も行いました。

管絃

舞楽

楽器体験

舞の手体験

 

学校からの感想より(抜粋)

①本物を見て聴いて触れられることは貴重な体験。雅楽は身近なものではなく、これまでどんな音楽かわからなかったが感動した。

②指導要領で伝統芸能が謳われており、CDやDVDで指導してきたがやはり本物は違う。厳かな雰囲気を味わえた貴重な時間だった。

③体験講座では子供達が夢中になっていた。その姿にいかに充実していたかがわかる。

④実際に楽器に触る経験が生徒にとって貴重。こうした体験が子供の心を育み人生での大きな財産になると思う。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ