プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」

2013年11月29日 第3回 鋸南町立鋸南中学校

 

 第3回目の今回は、内房の東京湾を臨む鋸南中学校。この日は天気もよく、富士山がよく見えた高台の学校です。
 今回は1・2年生(計130名)が管絃「平調 越殿楽」と舞楽「青海波」の鑑賞と、越殿楽の龍笛の唱歌を一緒に歌ってみました。その後1年生(64名)が実際に楽器を触っての楽器体験でした。

 




生徒さんの感想より
「雅楽の鑑賞は初めてでした。音楽の授業の時映像で見たり、聴いたことはありましたが、やっぱり本当に見たほうが迫力ありすごかったです。」(2年女子)

「普段は音楽しか聞けず、どんな風にやっているのかわかりませんでした。でも今日の鑑賞で近くで見れて、とても迫力がありびっくりしました。」(2年女子)

「アジア独特の音色や楽器の形、模様で美しいと思いました。音色はCDなどで聴いた時より、柔らかく感じて、とても心地よいものでした。」(2年女子)

「邦楽にはちっとも興味がありませんでした。でも間近で見ると迫力があって、日本らしい音楽でとてもいい気分になりました。」(1年男子)

「日本の音楽はあまり聞いたことがなかったのでとても興味がわきました。楽器体験は吹いても音が出なかったり、太鼓の叩き方も色々決まりがあってとても難しかったです。でも楽器に触れる体験ができてよかったです。」(1年女子)

房日新聞の記事を見る

プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ