伝統芸能・洋楽 ~ ふれあい体験事業

2022年1月13日 第7回 茂原市立茂原小学校

 

 明治6年創立という歴史と伝統のある茂原小学校で第7回のふれあい体験事業が行われました。
 6年生52名が管絃「平調越殿楽」と舞楽「甘州」の鑑賞と舞楽体験を行いました。
 オミクロン株への感染が急速に拡大するなか、感染拡大防止に最大限の注意をはらっての実施となりました。

管絃

舞楽

装束説明

舞楽体験

 

学校からの感想より(抜粋)

① 雅楽と舞にとても興味を持ちました。雅楽は、想像していたよりも音がきれいで、すごく美しかったです。曲を覚えたり、笛を鳴らすのがとても難しいそうでした。舞は、一つ一つの動きに迫力がって感動しました。舞を教えてもらっている時は、とても楽しかったです。小学校生活で最高の想い出になりました。

② テレビなどでしか見たことのない雅楽を実際に見ることができ、その迫力にびっくりしました。また、雅楽の歴史や日本の歴史にも触れることができ、千年続いてきたことに驚きを感じました。

③ 楽器や歴史について、初めて知ったことがたくさんあり、とても勉強になりました。舞の体験では、動きが繊細で、指先や目線までも意識しなければならないことを知り、実際にやってみて難しかったです。でも丁寧に教えていただき、何度か体験していくうちに楽しくなりました。思い出に残る一日を有難うございました。

④ コロナ禍の中で、演奏や舞を見させていただき有難うございました。質問コーナーでは、いろいろなことを教えていただき有難うございました。雅楽は初めて聞きましたが、きれいな音でびっくりしました。舞は、一部の動作は簡単そうに見えましたが、それを何度も繰り返していくことを体験してみてとても難しいと感じました。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ