伝統芸能・洋楽 ~ ふれあい体験事業

2021年12月9日 第6回 館山市立西岬小学校

 

 房総半島の南西端の西岬小学校で第6回のふれあい体験事業が行われました。
 全校児童52名が管絃「平調越殿楽」と舞楽「甘州」の鑑賞と舞楽体験を行いました。

管絃

舞楽

装束説明

舞楽体験

 

学校からの感想より(抜粋)

① だんだん大ぎな音になって、音が拡がっている感じがすごかったです。

② 太鼓の絵が鳳凰でかっこいいと思いました。

③ 低い音や高い音がいろいろな楽器から聞こえてきました。

④ 眠くなるといい演奏だったというのがびっくりしました。私は眠くなったので、良い演奏だったと思います。

⑤ いろいるな楽器の音が重なって、迫力のある演奏だと思いました。初めて見たり聞いたりする楽器ばかりで、こんな楽器があるのだなあと思いました。

⑥ 楽器を触らせてもらって、自分で音が出せたのが嬉しかったです。

⑦ 教えてもらった舞は、手や足の動きが難しくてなかなかできませんでした。でも、みんなと一緒にできて楽しかったです。

⑧ 普段接することの少ない雅楽の演奏を聴くことが出来て、良い経験になりました。

⑨ 本物の楽器や衣装など、間近に見ることができて圧倒されました。長い雅楽の歴史についてのお話しがあり良かったです。

⑩ 一緒に舞う機会があったので、低学年の子供たちも最後まで楽しく参加することができました。

⑪ 一部と二部の間に楽器を触らせていただき、子どもたちが感動していました。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ