伝統芸能・洋楽 ~ ふれあい体験事業

2021年9月29日 第2回 松戸市立常盤平第二小学校

 

 昭和40年設立の松戸市立常盤平第二小学校において、今年度2回目のふれあい体験事業が実施されました。
 今回も感染拡大防止に最大限の注意をはらい、体育館の扉は開け放たれ、また児童は距離をおいての鑑賞となりました。
 6年生71名が管絃「平調越殿楽」と舞楽「甘州」の鑑賞と舞楽体験を行いました。

管絃

舞楽

装束説明

舞楽体験

 

学校からの感想より(抜粋)

① 子供たちは、初めて聞く「雅楽」や体験した「舞楽」に感動したり、1000年以上も続いてきたことに驚きました。特に練習した後に音楽に合わせて踊れたことは、よい体験になったようです。貴重な体験になりました。

② どの楽器もすごくきれいな音を奏でていて、全ての楽器が合わさると日本風で「和」な音楽でした。ゆっくりで、あまりリズムのない自由な旋律の音楽なのに、全ての楽器の息が合っていてすごかったです。初めて見た楽器もあって、弾いてみたいと思いました。音楽と合わせて踊れて楽しかったです。手まで形が決まっているのに驚きました。千年前から、この演奏と舞が続いていることにすごく驚きました。世界最古のオーケストラであることを知ることが出来て良かったです。もっと日本の伝統芸能に触れてみようと思いました。

③ 雅楽を体験して大変良かったです。他の学年の生徒にも見せてあげたいと思ったほどでした。千年も続いている雅楽をどうして今まで見ることがなかったのだろうかと思いました。日本に住んでいて、こんな素晴らしい文化を見てこなかったということは、本当に損であったという気持ちになりました。実際に学校に来てくださり、僕たちのために目の前で披露してくださったからこそ、こんなにも心が奪われ、印象に残るのだと思いました。

④ 音に合わせての舞の練習がとてもよかったです。最初は難しかったけれど、だんだん出来るようになるにつれて、とても楽しくなっていった。ゆっくりと音楽に合わせて動き、手の形も特殊形で、足の踏み方や移動の仕方も今までに見たことのないような不思議なものでした。舞というのは音とは違い、目に見える表現の伝え方です。そのような貴重な体験をさせてくださり、とても嬉しく思います。最後に音楽と合わせて踊れたのがとても嬉しかった。

⑤ 僕は、この体験を通して一つ感じたことがあります。それは、音楽とは素晴らしいということです。一つの楽器だけで演奏するのではなく、たくさんの楽器を使って演奏することで、ここまで豊かな音色を奏でられるとは、まさに音楽という名の芸術です。そして僕が一番素晴らしいと感じたことは、演奏者の連携と舞です。音楽に合わせて舞う姿は、ピッタリ合い、とても細かいところまでしっかりしていて、ものすごく素晴らしいと思いました。貴重な体験を有難うございました。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ