伝統芸能・洋楽 ~ ふれあい体験事業

2020年11月20日 第2回 四街道市立四街道中学校

 

 今年度第2回目のふれあい体験事業は昭和35年創立の伝統ある四街道市立四街道中学校にて実施されました。
 今回も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により一時実施が危ぶまれましたが、関係者の皆様方の御尽力により開催されました。なお、当日は感染拡大防止に最大限の注意をはらい、体育館の扉は開け放たれ、生徒は距離をおいての鑑賞となりました。
 2年生212名が管絃「平調越殿楽」と舞楽「甘州」の鑑賞と舞楽体験を行いました。

管絃

舞楽

舞楽体験

舞楽体験

 

学校からの感想より(抜粋)

 初めて観る、初めて聴くという人が多かったのですが、2 年生のみなさんは集中して話を聞き、管絃や舞楽の鑑賞をしていました。
  楽器の独特な音色に引き込まれ、後半は「舞振り」を体験するなど、貴重な体験ができました。

① 私は今日の伝統芸能ふれあい体験授業で 、初めて生で舞や雅楽の演奏を聞きました。楽器はどれも独特なおもしろいきれいな音で、舞も私が知っているようなダンスなどとは違い、ゆっくりしたものでした。そして、最初に踊る舞の部分を体験してとても楽しかったです。この体験をさせていただいた方々に感謝したいです 。

② 初めて雅楽を実際に目の前で聞いて、迫力があってびっくりしました。踊りも初めて踊って、難しかったです。動きはゆっくりなところもあったけど、見た感じより難しく て、たくさん練習をしないと、楽器も踊りも上手にできないのだなと思いました。
また伝統芸能を見てみたいと思いました

③ 私は雅楽についてあまり知らなかったので、新しいことが知ることができ、体験できたのでうれしかったです。私は、演奏しているのを聞いているなかで、釣太鼓が一番印象に残りました。どの楽器にも負けない迫力があったからです 。その、どの楽器にも負けない楽器のなかから聞こえる他の楽器のハーモニーもすごくきれいでした。
これからも、雅楽についてもっと知識を深めていきたいです 。

④ 雅楽を初めて生で聴いた。あんなに小さな笛の楽器でものすごい大きな音が出たときはすごくピックリした。演奏が始まったとき、すごく圧倒された。踊っている人は、遠くから見てもすごかったが、一緒に踊ったときはさらにすごかった。ものすごくいい経験になった。

⑤ 今回初めて伝統芸能を見学して、とてもおもしろくて感動しました。2 時間という時間はあっという間に過ぎてしまいました。特に、踊りがとても見ていて楽しくて、夢中で見てしまいました。伝統芸能をやるのはとても大変だなと思いました。また、古くから続いているものを受け継ぐのはすごいと思いました。

⑥ 舞は思ったより大変で、疲れることがわかりました。千年も前からほぼ変わらないで受け継がれているのは、とてもすごいと思いました 。演奏している人たちの衣装がとてもかっこ良いと思いました。日本の大切な文化なので、もっといろいろな人に知ってほしいです。

⑦ 私は吹奏楽部に入っていますが、同じ音楽の団体で演奏するのはいっしょなのに、吹奏楽やオーケストラとは違い、とても和の感じ、日本の昔ながらの感じがして、すごいなと思いました。今回、舞の体験をして、見ていたよりもとても大変で、あの重そうな衣装で踊っていて、とてもすごいなと思いました。
貴重な体験ができてよかったです。

⑧ 2年生になって、音楽で雅楽の勉強をして、動画を聴かせてもらったけれど、初めて生で聴いて迫力がすごかったです。舞の練習をしたときに、結構ゆっくりだったので、ずっと踊リ続けるのは とても大変だろうなと思いました。とても貴重な経験ができてよかったです 。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ