伝統芸能・洋楽 ~ ふれあい体験事業

2020年11月11日 第1回 香取市立わらびヶ丘小学校

 

 本年4月に開校したばかりの香取市立わらびが丘小学校にて、今年度最初のふれあい体験事業が実施されました。
 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延により一時実施が危ぶまれましたが、関係者の皆様方の御尽力により開催されました。なお、当日は感染拡大防止に最大限の注意をはらい、体育館の扉は開け放たれ、また児童は距離をおいての鑑賞となりました。
 4・5・6年生58名が管絃「平調越殿楽」と舞楽「甘州」の鑑賞と舞楽体験を行いました。

管絃

舞楽

舞楽体験

舞楽体験

 

学校からの感想より(抜粋)

① たいへん素晴らしい演奏ならびに演舞を拝見させていただき感激いたしました。子供たちもとても喜んでおりました。子供たちにとって貴重な経験になりました。

② 舞いの体験では、舞人をお手本にしながら舞の基本をみんなで練習し、最後に曲に合わせて舞いました。ゆったりとした特徴的なリズムでしたが、子供たちはすぐにコツをつかみ、一生懸命に舞人をまねていました。

③ 舞台の荘厳な雰囲気に加え、午後の日差しもまるでスポットライトのように舞台に降り注ぎ、神々しい光で演者を照らしました。「厳かな」とはこのような雰囲気のことをいうのだということを肌で感じることができました。貴重な時間を過ごしました。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ