伝統芸能・洋楽 ~ ふれあい体験事業

2019年11月21日 第4回 野田市立尾崎小学校

 

 今年度第4回目の体験事業は『明るく、仲よく、元気よく』を合言葉とする野田市の尾崎小学校です。
 全校生徒340名が管絃・平調「越殿楽」と舞楽「北庭楽」の鑑賞を、4~6年生186名が楽器体験と舞楽体験を行いました。

管絃

舞楽

楽器体験

楽器体験

学校からの感想より(抜粋)

① 楽器に触れてみて、簡単そうに見えましたが、実際に吹いてみると、すごく息を使って頭がくらくらしてしまいました。演奏者は、頭がくらくらしないのでしょうか。

② 丁寧に教えてもらったので、うまく吹くことができてうれしかったです。また、できると嬉しいです。

③ 私は音楽が好きですが、あまり和の音楽は聴いたことがありませんでした。和の楽器体験ができて、とても楽しかったです。どの楽器にもマナーがあることを知り、びっくりしました。

④ 雅楽って何だろうと思いましたが、初めて聞いて「日本らしい素敵な曲、音だな」と思いました。また、千年も続いていることに驚いてしまいました。舞楽というものも初めて見ました。舞楽の体験もできましたが、舞うのは難しかったです。

⑤ 私は、初めて雅楽を聞いてすごいと思いました。どの楽器もきれいな音が出ていて驚きました。雅楽の歴史や演奏をする時の姿勢などとても勉強になりました。時間があったら雅楽のことをもっと調べてみたいと思いました。

⑥ 雅楽を聴いていると、とても眠くなったりして、催眠術をかけられているような気持ちにさせられました。それほど素敵な音楽なんだと思いました。

⑦ 初めて雅楽を実際に聞いて、CDだけで聴いている時よりも、とても迫力があって音も美しかったです。CDだけで聴いていると、あまり想像が出来なくて雅楽にはあまり関心がありませんでした。実際に聞いて、触れてみると興味が出てきました。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ