伝統芸能・洋楽 ~ ふれあい体験事業

2019年11月14日 第3回 野田市立関宿中学校

 

 今年度第3回目の体験事業は野田市の関宿中学校です。
 全校生徒61名が管絃・平調「越殿楽」と舞楽「北庭楽」の鑑賞と楽器体験を行いました。

管絃

舞楽

楽器体験

楽器体験

 

学校からの感想より(抜粋)

①雅楽の生演奏を至近距離で聴くことができ、楽器を実際に体験させていただき、先生方から直接たくさんのことを教えていただき、貴重で学びのたくさんあった2時間でした。生徒たちも大変感動しており、日本の文化や雅楽に誇りを持ち、もっと知りたい、もっと聴いてみたいという声がたくさん上がっていました。

②雅楽の素晴らしさとともに、北之台雅楽アンサンブルの皆様のチームワークや素晴らしさに感動しました。当日の急な変更にもご丁寧に対応いただき、大変助かりました。

③今回の雅楽を聴いて、日本の音楽とはこんなにすごいものなんだと感じました。日本の音楽は、外国の音楽と違い、神々しさや優しさがあり、音楽で描かれた景色が想像できました。

④雅楽をはじめて聴き、雰囲気が現代とは全然違っていて、千年以上も歴史が自然と伝わってきました。礼儀正しさも素晴らしかったです。どの楽器も一見簡単そうに吹いているように見えましたが、体験をしてみて吹き方やリズムの取り方、音の出し方難しかったです。その楽器を完璧に演奏するということは、どれほどの練習をするのかが想像できました。この伝統が長く続くといいなと思いました。

⑤楽器をまじかで見て触れることが出来て嬉しかったです。打楽器のバチの持ち方にも作法があったり、「打ち合わせ」「コツを掴む」等、雅楽の言葉が日常生活に使われていることに驚きを感じました。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ