伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業

2018年12月7日 第6回 佐倉市立下志津小学校

 

 今年度最後となる第6回目は「よく学び 心豊かで たくましい子どもの育成」を教育目標に掲げる下志津小学校です。
 全校生徒268名を対象に管絃「平調越殿楽」と舞楽「迦陵頻」の鑑賞、5~6年生79名を対象に楽器体験を行いました。

管絃

舞楽

楽器体験

楽器体験

 

学校からの感想より(抜粋)

① 児童たちは初めての演奏や体験に深く感動し、我が国に伝わる伝統音楽のよさや尊さに気づき、より身近に感じることができた様子が感じ取れます。

② 雅楽はテレビでしか見たことがなかったが、生での演奏は初めてで、とても迫力のある演奏でした。思ったより、一つ一つの楽器の音がちゃんと聞こえて響いていま した。

③ 初めての雅楽でしたが、音もきれいで神秘的で、すごく感動しました。実際に楽器体験をしましたが、管楽器の音を出すのがとても難しかったです。

④ 雅楽を聞くのを楽しみにしていました。千年以上続いていることに驚きました。舞楽の装束が、色鮮やかで鳥のようで美しかった。

⑤ 雅楽の素敵な授業をしていただき有難うございました。雅楽の演奏を聞いて心がスッキリしました。本当に音楽の素晴らしさが改めて実感しました。これからも雅楽についてもっと知りたいと思います。

⑥ 雅楽は映像でしか見たことがなく、すごく不思議な感じがして、少し飽きてしまうものでした。生演奏を聞き、とても迫力があり、いろいろな音の重なりがとても神秘的で心が癒されました。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ