伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業

2018年11月20日 第5回 旭市立富浦小学校

 

 今年度第5回目は太平洋に臨む旭市の富浦小学校です。その由緒が明治10年まで遡ることができるという歴史ある学校です。
 全校生徒175名を対象に管絃「平調越殿楽」と舞楽「迦陵頻」の鑑賞、4~6年生85名を対象に舞楽体験と楽器体験を行いました。

管絃

舞楽

舞楽体験

楽器体験

 

学校からの感想より(抜粋)

① 独特な音色で、とても不思議な音ばかりでしたが、想像していたよりもはるかにきれいでした。体験では、空気の入れ方や弾き方などを教えてもらい、どのように音を音を出しているのかが分かりました。

② 初めて雅楽を聞きましたが、それぞれの楽器の個性がでていて、とても癒されました。体験では、叩いたり、息を入れたり、指でならしたり、いろいろな方法がありました。どれも難しかったけれども楽しかったです。

③ 雅楽の演奏を聞かせてくださり、楽しい体験ができて有難うございました。日本らしい音色や舞をどんどん世界に広げてください。私も習 いことの柔道と音楽部を頑張ります。

④ 初めて雅楽を鑑賞しましたが、雅楽が千年以上の歴史があると聞いてびっくりしました。このような日本の伝統芸能を聞いたり、体験するのはとても貴重な体験でした。今回の鑑賞会は、雅楽の良さや日本文化の良さを改めて知ることができた、とても素晴らしい機会でした。

⑤ 楽器の体験では、優しく教えてくださったので、やったことのない楽器でも音を出すことができました。私は、トランペットを吹いていますが、また違った息づかいや音の出し方で難しかったです。機会があったら、また雅楽を聞きたいです。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ