伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業

2018年11月13日 第4回 四街道市立千代田中学校

 

 今年度第4回目は四街道市の千代田中学校です。2014年1月に続いて2度目となります[当時は{プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」}]。
 前回は1年生のみでしたが、今回は全校生徒382名を対象に、管絃「平調越殿楽」、朗詠「嘉辰」と舞楽「迦陵頻」の鑑賞と、2つの体育館を利用して楽器・朗詠・舞楽体験を行いました。

管絃

舞楽

楽器体験

楽器体験

朗詠体験

舞楽体験

 

学校からの感想より(抜粋)

① 雅楽というものが、1,000年前の平安時代から変わらず今まで伝わっていることが凄いなと思う。その音楽に今触れていることに感動した。

② 一つ一つの楽器の歴史が深く、特徴があり、それぞれの音がきれいな曲になっているので凄いと思った。

③ 見ていると簡単そうに見えたけれど、体験して「質」はともかく難しくて音が出ただけでもよかったと思った。

④ 衣装がきれいだった。重くないのか、動きにくくないのかとも思った。

⑤ 笙は、見ているだけでも楽しくなった。たくさんの穴を押さえて音程を作るのは大変だったが、音が出たらきれいでうれしかった。

⑥ 龍笛は息の入れ方や息をぶつける場所がしっかりできていないと音が出なかった。吹く場所や口先の形などを教えてもらい吹いてみても雑音しかでなかったが、それでも音がでたらうれしかった。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ