伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業

2018年10月23日 第2回 八千代市立阿蘇中学校

 

 今年度第2回目は八千代市の阿蘇中学校です。
 ここは「新しい時代を担う、活力に満ちた心豊かな国際人の育成」に力を入れている学校です。
 全校生徒154名を対象に、管絃「平調越殿楽」と舞楽「迦陵頻」の鑑賞と楽器体験を行いました。

管絃

舞楽

楽器体験

楽器体験

 

学校からの感想より(抜粋)

① 普段聴くことができない雅楽という音楽を自校の体育館で演奏していただけたのは、本当に貴重な体験でした。日本の音楽らしくゆっくりしたリズムで、動画で見たよりも実際は迫力があり、洋楽とは違った良さを感じていました。

② 生徒たちは、音楽の授業で予習をしていましたが、実際の楽器の響き、舞楽のきらびやかさと典雅な感じが素晴らしかったと感じました。

③ 楽器の体験では、嬉々として楽器に触れており、やはり生の迫力と響きが一番です。

④ 演奏者と聴衆が、時間と空間を共にできる喜びを味わうことができたひと時で、本当に感激をしております。

⑤ 当日は、本校の保護者、研修の事務職員も一緒に鑑賞させ ていただき、皆一同に感動しておりました。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ