伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業

2017年11月17日 第4回 山武市立成東東中学校

 

 4回目は昭和33年創立で心身障害児理解推進校の成東東中学校です。
 全校生徒が管絃「平調音取」「越殿楽」「陪臚」と舞楽「迦陵頻」を鑑賞し、また朗詠「嘉辰」を体験しました。

管絃

舞楽

 

学校からの感想より(抜粋)

① 最前列で聞いていて、口や指の動きやブレスの仕方がよく見えた。とても難しく、 単純そうですごく鍛錬が必要だと思った。舞楽は、独特な衣装と雅楽との組み合わせ が素敵であった。朗詠の嘉辰は、音の読み方や歌い方がすごく面白く、朗詠の変わっ た楽譜で音楽の輪郭が分かるのも楽しかった。

② 曲の強弱がすごく、始めの音で鳥肌がたってしまった。どんどん引き込まれ、知ら ない間に眠くなっていました。千年以上続いている伝統的な雅楽が、今まで聞いたこ とのない不思議な感覚がした。舞は、ステップがリズムよく、4人の舞人が完璧に揃 っていてとてもきれいであった。

③ 雅楽の生演奏は、楽器一つ一つの音色が体に染み込んできて、子守歌のようで、聴 いていて、とても心地よかった。音楽が心の中に入り込んできて、癒しをもらったよ うな感じがした。

④ 指揮者がいないのに、全ての楽器の音が合うのはすごいと思った。音が大きいから ミスが許されないのに、緊張している姿を見せなかったのがすごいと思った。集中力 がすごくて、無駄な動きがないことも印象的であった。

⑤ 千年以上前、その時代にあった自然の竹などの道具で、あのような美しい音が出せ ることが素晴らしい。また、その楽器を作り出す発想のも驚いた。全体的に力強い感 じがする日本古来の美しさがうかがえた。

⑥ 雅楽が昔から続いており、大切にされてきたことが分かった。日本の和の美しさを 知り、平安時代の優雅な生活が目に浮かんだ。楽器での曲なのに、女性の歌声や言葉 のように聞こえた。また、曲の終わりがきれいで、少し悲しい感じがした。

⑦ 入場するときからの姿勢が美しく、演奏するまでも顔色を変えることなく待ってい る姿からも真剣さが伝わってきた。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ