伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業

2017年10月11日 第2回 南房総市立和田小学校

 

 2回目は太平洋に臨む高台にある南房総市の和田小学校です。
 鑑賞は管絃「平調音取」「越殿楽」を全校児童52名が、 5・6年生17名が楽器と舞楽の舞の手を体験しました。

管絃

舞楽

楽器体験

舞楽体験

 

学校からの感想より(抜粋)

 ① 初めて見る楽器や生の演奏は、子ども達の心に深く刻みこまれたように思います。貴重な体験を有難うございました。

 ② とてもきれいな音楽で寝そうになりました。きちんと音がそろっていて、いい気持ちになる合奏だったので、心が穏やかになりました。たくさん練習をかさねて、今日の合奏になっているのだと思いました。

③ 素敵な音楽を聞かせてくれてありがとうございました。雅楽の楽器の音や歌を聴いていると落ち着いて眠くなってしまいました。

④ お琴を習っているけど、私が弾いているお琴よりちょっと違う音でした。とてもいい音でした。だから私もうまく弾けるようになりたいです。

⑤ 楽器の体験をしてみて、手本を見せてくれた時は簡単そうだったけど、やってみたら息が苦しくて、音を出すのが大変でした。いろいろな楽器を体験させていただき有難うございました。

⑥ 雅楽を聞いて分かったことは、一つの楽器での音楽かと思っていたら、みんなの力を合わせて合奏を行っているのが分かりました。

 

伝統芸能・洋楽~ ふれあい体験事業 トップページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ