雅楽とは

 雅楽は千年以上に及ぶ悠久の歴史を有する、日本はもとより世界の中でも最も古い芸術音楽の一つです。十世紀、平安時代に完成されてより、古の形を残しながら現在まで伝承されている音楽としては、世界でも類を見ない、歴史的にも貴重な音楽文化財であり「世界最古のオーケストラ」とも呼ばれています。
 また、古代の日本固有の音楽だけでなく、古代のアジア大陸諸国の音楽をもとにして、またその影響を受けて、主として宮廷、貴族社会、有力社寺等で行われてきた日本で最も古い古典音楽の総称です。
 平安時代に貴族の間で流行した、舞を伴わない合奏だけを楽しむ「管絃」という、現在も行われている演奏スタイルが「世界最古のオーケストラ」と言われる由縁です。これは絃楽器、管楽器、打楽器の3種の楽器群をそろえて演奏します。

 

 

雅楽の種類

[国風歌舞(くにぶりのうたまい)]

 国風歌舞とは、日本古来の歌舞を基にしたもので、上代歌舞などとも呼ばれます。元来は、諸地方の神事に結びついて行われていたものですが、これが宮廷に取り入れられ、特定の儀式や行事に関連して演奏されるようになりました。
 国風舞は装束も簡素で、舞い振りも素朴ですが、高雅で荘重なものです。歌の伴奏に和楽器(和琴、神楽笛、笏拍子)と外来楽器(篳篥)を併せて用います。

・神楽歌(人長舞):一条天皇の長保4年(1002)より宮中の神鏡を安置する内侍所(賢所:かしこどころ)で執り行う御神楽が恒例となりました。御神楽は幾多の変遷を経つつも、現在に至るまで脈々と受け継がれ、もっとも重要な宮廷行事のひとつとして、毎年12月中旬の夜に皇居内の賢所で厳かに執り行われています。
 宮中や宮中と古来関わりの深い神社で行われる神楽は「御神楽」と呼ばれ、一般の神社の「里神楽」とは区別されています。
・東遊(駿河舞・求子舞):祭祀に奏される代表的な歌舞で、平安時代中期に盛んになりました。
『源氏物語』に「ことごとしき高麗(こま)唐土(もろこし)の楽よりも、東遊のみみなれたるは、なつかしく、おもしろく……」とあるように、東遊は、当時の宮廷社会で女性にとくに好まれた歌舞でした。駿河国の宇戸浜に天人が降りて歌舞するのをみて、学び伝えたとの由来もあります。
 今日、宮中では春分、秋分の日、神武天皇祭(4月3日)などに奏されていますが、非公開となっています。埼玉の氷川神社、葵祭などが有名です。
・大和(倭)歌(大和(倭)舞):大和地方(奈良県)の風俗歌舞とされています。大嘗祭、鎮魂祭などに奏されます。
・久米歌(久米舞):久米舞は、王権に従属した軍事集団である久米部の伝承歌舞を起源とし、朝議に採り入れられた歌舞。大嘗祭の豊明節会に奏されます。
・大歌(五節舞):天武天皇の時代に創始された舞で、王臣諸氏の子女から舞姫が選ばれ、新嘗祭に奏するのが例でしたが、中世に途絶え、現在は近世に復興された大歌を伴奏に大嘗祭に舞われています。
・誄歌:皇室の葬儀の際に歌われる歌をいいます。古代における実態はまったく不明ですが、今日では、明治天皇の葬儀の時に復興された歌が歌われます。歌詞は、倭武尊が亡くなる際に、三重県鈴鹿郡の能煩野で故郷を偲んで歌った歌に因んでいます。(『古事記』)

 

[大陸系の楽舞]

 大陸系の楽舞は、大合奏や、大合奏の伴奏による舞を楽しむもので、一般的に雅楽というと殆どこれを指しています。
 ほとんどが5世紀から9世紀末の間に大陸から伝来した音楽のことです。
 中国大陸から渡来したものを唐楽、朝鮮半島から渡来したものを高麗楽と呼びます。現行の高麗楽は舞を伴う音楽だけが伝承されていますが、唐楽は舞を伴うものと、合奏だけのものと、2つのスタイルがあり、前者を舞楽、後者を管絃と呼んでいます。
 唐楽の場合、同じ曲を舞楽のスタイルで行ったり、管絃のスタイルで行ったりしますが、単に舞があるかないかだけでなく、音楽自体もバリエーションがあり、楽器編成や曲の表現方法などに違いが見られます。

舞楽の種類
・左舞(左方舞):唐楽の伴奏で舞われます。原則的に左舞の装束は、太陽を表す赤色の系統の装束を用います。舞人は向かって左の方から進み出て舞台に登ります。(左足から進みます)伴奏は、通常、絃楽器を用いず、三管三鼓の楽器編成で演奏します。篳篥と龍笛の旋律に合わせて舞います。
・右舞(右方舞):高麗楽の伴奏で舞われます。右舞の装束は、基本的に青色(緑色)の装束を用い、緑豊かなわが国の国土を表徴しています。笙を用いず、龍笛の代わりに高麗笛、鞨鼓の代わりに三ノ鼓を用います。絃楽器は全く用いません。三の鼓と太鼓のリズムに合わせて舞います。
舞の種類
・文舞(平舞):4人から6人で舞われ、総じて緩やかなテンポと穏やかな表情を持つ気品あふれる舞です。「春鶯囀」「万歳楽」「賀殿」等
・武舞:4人で舞われ、字の通り武人の舞で、文舞の持つ気品や優美さを失うことなく、なおかつ鉾や太刀を小道具に使った豪放で闊達な舞です。「太平楽」「陪臚」
・走舞:走物とも呼ばれ、基本は1人で舞います。勇猛な仮面を付け、桴や鉾を持ち、舞台を生き生き活発な動きで舞う勇壮な舞です。「陵王」「還城楽」「納曽利」等
・童舞:子供が何人かで舞います。元々は元服前の男子が舞いましたが、近代以降は女子あるいは成人女性が舞う場合も多くあります。「迦陵頻」「胡蝶」

 

[謡物(うたいもの)]

 平安の歌曲は、国内で生まれました。外来音楽をたしなんだ貴族たちが、漢詩や和歌に唐楽や高麗楽の旋律をつけて歌うもので、催馬楽朗詠と呼ばれ、現在では管絃の演奏の合間に歌われます。

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ