2019 マカオ公演

第4回 マカオ無形文化財及び古代芸術国際博覧会
(澳門人類非物質文化遺産・古代藝術國際博覧会)
(マカオ返還20周年記念特別展)

 日時:2019年12月18~19日

場所:ザ・ヴェネチアン・マカオ 日本ブース 特設ステージ

演目:管絃 平調「越殿楽」「陪臚」、舞楽「陵王」「浦安の舞」

主催:中国無形文化財保護協会(http://www.chinaich.org/)

後援:マカオ基金会、マカオ特別行政局政府文化局、マカオ貿易投資促進局

「マカオ無形文化財及び古代芸術国際博覧会」は、中国の無形文化遺産・古代芸術をはじめとする展示やオークションが行われる大規模なイベントで、今年は第4回目となり、またマカオ返還20周年の記念すべき年に当たり、期間中には習近平国家主席もマカオを訪れました。
日本より木戸泉酒造、江戸千家茶道、一般社団法人全日本コメ・コメ関連食品輸出促進協議会、日本舞踊花ノ本流、日本刀研ぎ師・藤代興里氏等、多数の団体が参加、当アンサンブルも、一般社団法人アジア文化芸術遺産研究機構の要請を受け、この企画に参加し管絃と舞楽を披露しました。
会場となったザ・ヴェネチアン・ホテルのカンファレンス・ルームは広さが1.3万平方メートルもある巨大な空間で、中国の美術品や文化を展示するブースの他に、日本ブースが設けられここに舞台が設えられました。
演奏は12月18日、19日の2日間で2回ずつの4公演で、管絃は平調の「越天楽」または「陪臚」を、舞楽は「陵王」「浦安の舞」を披露しました。

 

 

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ