2019 アメリカ公演

1 ウィリアムズ大学におけるワークショップと公演

日 時:2019年4月25日 16:15~

場 所:ウィリアムズ大学ダンス・スタジオ

演 目:ワークショップ 龍笛の体験学習
    公演 龍笛の独奏、舞楽「五節舞」

演 奏:公益社団法人北之台雅楽アンサンブル

特別出演:安齋省吾師(元宮内庁式部職楽部首席楽長)

概 要:ワークショップは、自然に囲まれた三方ガラス張りのダンススタジオにて、同大学アジア研究学部加賀谷教授と山本教授の学生10名を対象に実施しました。前半は安齋先生が、神楽笛、高麗笛、龍笛それぞれの管楽器で演奏し、後半は学生全員が龍笛を手に、直接、師の手ほどきを受けながら、音の出し方を体験、教授を受けました。
 30分の休憩を挟み、おなじ会場で公演を実施しました。参加者は同大学の教師、学生など約50名。前半は安齋先生の龍笛独奏(賀殿急含め二曲)と越殿楽の合奏(笙:井口理事長)、後半は五節舞(演奏:安齋先生、歌:井口理事長、舞人:井口副理事長)を公演しました。同じタイミングで大学内では三つのイベント、また来週の卒業シーズンを控えていたため、人数は少なかったものの、「素晴らしい演奏をありがとうございます。学生達は日本の伝統音楽を体験することが出来、大変ラッキーだと思います。」との感想を来場者からいただきました。


 

2 ボストン日本祭り

日 時:2019年4月27~28日

場 所:ボストン・コモン(全米最古の都市型公園) ボストン日本祭りでの特設ステージ

演 目:安齋先生による龍笛の独奏、舞楽「五節舞」

概 要:2012年日米桜寄贈百周年を機にスタートし、第8回目を迎える今年は京都ボストン姉妹都市60周年記念のお祝と重なりました。京都市長はじめ大勢の方々が日本・京都からも参加され、2日間で来場者7万人を記録しました。
 両日共に、前半は安齋先生の龍笛独奏(2曲「胡飲酒破」、「酒胡子」)、後半は五節舞を奏しました。雅楽の演奏が始まると、会場となっているボストン・コモンは賑やかなお祭りのムードが一変し、厳かで静かな雰囲気に包まれました。

 ボストン日本祭り実行委員会の会長からは 「この度は、ボストン日本祭り2019スポンサーをしていただき、また舞台上では素晴らしい演技、そして人間国宝である安齋さまをご招待いただきましてありがとうございます。素晴らしい舞台に感動いたしました。皆様のご支援があるからこそ続けられる日本祭りです。是非来年も引き続きサポートをお願いできれば幸いです」との謝意をいただきました。


ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ