2019 オーストリア・ポーランド雅楽公演

日本オーストリア修好150周年記念事業認定
日本ポーランド国交樹立100周年記念事業認定
助成:国際交流基金、日本万国博覧会記念基金

 

7月3日 リンツ・ステイレッグ城公演
7月5日 ウィーン・世界博物館公演
7月7日 クラコフ・日本美術技術マンガ博物館公演
7月9日 ワルシャワ・アジア太平洋博物館公演

演 目:
第一部
管 絃「黄鐘調音取」「千秋楽」「楽器紹介」
   「西王楽破」「拾翠楽(リンツ市のみ)」
第二部
舞 楽「北庭楽」「陵王」「浦安の舞」

客 演:
安齋省吾師(元宮内庁楽部首席楽長)

演 奏:
公益社団法人 北之台雅楽アンサンブル

後 援:
在オーストリア日本国大使館、在ポーランド日本国大使館

 

 2019年7月2日~11日の行程で、オーストリア・ポーランド雅楽公演を実施しました。本事業は、日本ポーランド国交樹立100周年及び日本オーストリア国交樹立150周年を記念し、「100年、150年より1000年へ:雅楽千年のオーケストラによる祝賀」を理念に、二国間ひいては全人類の未来への益々の友好発展を祈る事業とすることを目的としました。

7月3日 リンツ公演
 リンツ市へはウィーンから西へ約300㎞。同市の小高い丘の中腹にそびえる歴史あるシュテイレッグ城を会場に公演が行われました。城主のサルム伯爵は、那須塩原市とリンツの姉妹都市提携のきっかけを作られ、長年両市の交流活動に尽力されています。当日は地域の有力者約180名の方々が参集され、ほとんどの方々が初めて触れる雅楽を堪能され、日本文化理解をより深めることが出来たと賞賛を得ることが出来ました。

 また、終了後のレセプションでは、井口陽一郎理事長が亭主、井口峰子副理事長が半東となり、お点前を披露。参加者には、日本から同行いただいたボランティアの方々によるお呈茶をお召し上がりいただき、皆様に大変喜んでいただくことが出来ました。




 

7月5日 音楽の都ウィーン公演
 今回で4回目となる馴染みの世界博物館を会場に演奏を行いました。当日は、日本オーストリア国交樹立150周年を祝う「日本の夏祭り」企画のメイン行事として、小井沼紀芳在オーストリア日本国特命全権大使、世界博物館シッケルグルーバー館長、墺日協会レオポルド会長を始めとした現地有識者始め約300名の方々が参集され記念式典が行われました。墺日協会副会長のブランドル紀子先生が司会をされ、各演目の紹介、楽器紹介をいただきました。公演は好評で、小井沼大使からも、雅楽公演の実現に謝意をいただきました。



 

7月7日 クラコフ公演
 ウィーンから約500㎞の長距離を大型バスで半日かけて移動。クラコフは、ポーランドの古都として、中世の趣ある街並みが残った都市でした。日本の浮世絵収集家として著名なヤシェンスキ・コレクションを所蔵する日本美術技術マンガ博物館を会場として、当館で初めての雅楽公演を行いました。会場は音響設備も整ったホールで約250名の方々が参加。司会をして下さった日本語が流暢なビオレットさんから、「高いレベルの管絃と舞楽を堪能することが出来たと多くの好評をいただきました。楽器紹介がとても分かりやすく多くの聴衆に受け入れられました。雅楽に初めて触れられる方が多く、稀有な貴重な体験だったと感謝されました。」と感想をいただきました。



 

7月9日 ワルシャワ公演
 ワルシャワの住宅街の一角に佇むアジア太平洋博物館のエントランスホールにおいて公演行いました。小ホールでしたが、音響はよく来場された約180名の方々に大変好評でした。「特異な音楽に対する興奮を得ました。世界で最も古い伝統音楽の一つである雅楽をライブで聴くことが出来たのは素晴らしい機会でした。楽人との身近で親密な距離感が良かったです。日本文化研究の一歩として大変興味深かったです」といった反響に加え、特に、最後の「浦安の舞」の演奏中に、涙を流して感動していた方がおられたとも伺い、ポーランドの方々の感性の豊かさに感動しました。ご臨席いただいた在ワルシャワ日本大使館・広報文化センター堀内所長からは、「質の高い音楽と構成の素晴らしさに多くの方が感動されてました」と所感をいただくことが出来ました。



 

今回ご同行くださった建築家・秋元和雄氏のスケッチ


ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ