2018年3月15日・17日 ボルドー大学公演(フランス・ボルドー)

フェディエ財団「新館竣工記念雅楽公演」(ベルギー・ブラッセル)

 

(3月15日) ボルドー大学公演

主 催:ボルドー大学外国語フェスティバル
会 場:ボルドー大学大講堂
対 象:学生・教授、約100名
演 目:管絃 『平調音取』 『越殿楽』 舞楽『陵王』


 ベルギー・ルーヴァン大学の櫻井直子講師よりボルドー大学の日本語学科をご紹介頂いたのが本企画のきっかけとなり、学科長であるエディ・デュフルモン教授のご協力で「外国語フェスティバル」の一環として雅楽紹介が実現しました。

 内容は、鞨鼓・笙・篳篥と、当アンサンブルが師事している安齋省吾師の龍笛による『平調音取』『越殿楽』を、また持参したCD音源による 舞楽『陵王』を披露しました。参加された約100名の学生、教授の殆どは初めて触れる雅楽に興味津々、真剣に聴き入っていました。デュフルモン教授より、「皆大変喜んでいた」との感想を頂きました。 2019年1月下旬に同大学の教育プロジェクトの一環として、再度、招聘したいとの意向が寄せられました。

 

(3月17日) フェディエ財団「新館竣工記念雅楽演奏」

受け入れ機関:ルサト・フェディエ財団
会 場:ブリュッセル、フェディエ財団別館ホール
対 象:財団会員及び一般来場者 約120名
内 容:茶の湯、舞楽『陵王』、神楽笛演奏『朝倉音取』『其駒』


 日本の民芸品の蒐集展示を通して、ベルギー首都ブリュッセルに於いて継続的に日本文化紹介に尽力されているフェディエ財団の別館ホール(多目的ホール)竣工記念オープニングに当アンサンブルによる雅楽演奏を行いました。

「2016 みやび公演」のディレクターであるアド博士の司会及び演出により、雅楽の調べのBGMの中、会場前面のスクリーンには、日本の美しい自然風景、庭園、神社仏閣、美術品の映像などが映し出されました。また会場は、草月流・ベルスマ敦子氏による生け花で彩られました。

 オープニングは茶の湯紹介より始まり、亭主は当アンサンブルの井口副理事長が務め、林日本大使が正客をなされ、会場は静寂な空気に包まれました。続く井口理事長による舞、舞楽「陵王」、次いで、元宮内庁式部職楽部首席楽長・安齋省吾先生による「朝倉音取」「其駒」の神楽笛の独奏に会場は神秘的、かつ幽玄な雰囲気に満たされ、多くの方々よりの感動の拍手が鳴り止みませんでした。終了後のレセプションでは、フェディエ財団会長マリーナ・フェディエ氏より謝意が述べられ、林日本大使始め、多くの参加者より茶の湯、雅楽に触れた感動が述べられました。

ベルギー「ヴォルヴェンダール誌」に掲載された記事

 


画像をクリックすると拡大写真が見られます


ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ