2016年1月19日~23日 ベルギー雅楽公演
(日本ベルギー友好150周年記念事業)
国際交流基金 平成27年度文化芸術交流海外派遣助成プログラム

   

 

3. みやび公演

日 時:1月23日(土)
場 所:ブリュッセル、パレ・デ・ボザール、室内音楽ホール
演 目:楽器紹介、管絃「平調音取・越殿楽」、舞楽「浦安の舞」「陵王」「甘州」
客 演:安齋省吾先生
いけばなデモンストレーション:ベルスマ敦子氏(草月流師範)
いけばな展示:いけばな嵯峨御流ベルギー支部
茶の湯デモンストレーション監修:鈴木宗美氏(裏千家正教授)
演 出:アド・イゲンス博士
主 催:ジョルジュ・アーサー・フォレスト文化財団






画像をクリックすると拡大写真が見られます

 

 本公演はルイ・ミシェル欧州議員(元外務大臣)、石井正文・在ベルギー王国日本国特命全権大使、ファンロンパイ前欧州理事会議長・元ベルギー首相始め、日本、ベルギー両国の政財官界、文化・芸術関係の著名人他、医師、大学教授、弁護士、アフリカ関係者など招待者200名を含む、ほぼ満席となる425名がおみえになりました。また従来の演奏会とは異なり、いけばなや茶の湯のデモンストレーションを取り入れた、日本文化を総合的に紹介する舞台となりました。
 レセプション会場には京都の陶芸家、六代 浅見五郎助先生のお茶碗や当アンサンブルの地元・千葉県いすみ市在住の写真家エバレット・ブラウン氏の写真の展示もされました。
 また、舞台監督のアド・イゲンス博士は日本や雅楽を紹介するための数々のスライドを映しつつ、ナレーションを加えました。
 聴衆からは「観衆を深く感動させた魔法的瞬間」「全てが完璧。類まれな公演」「大変感動した」「今宵の地上空間を満たした恩恵と調和を共有した」「ゆっくりとした中にある力強い威厳。なんという瞑想的瞬間」「ユニークで空想的なイベント」「稀有な美」等、最大級の賛辞を多数いただきました。

2016年 ベルギー公演トップに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ