2014年 ドナウ・ライン・地中海 青海波公演

国際交流基金 平成26年度文化芸術交流海外派遣プログラム

オーストリア・ウィーン ウィーン国立世界博物館公演

 

公演日:5月16・17日
主 催:ウィーン国立世界博物館
後 援:墺日協会
場 所:ウィーン国立世界博物館 エントランスホール特設ステージ
演 目:浦安の舞、海青楽、陵王、青海波
会場様式:150席の特設席(2日間270名)
来 賓:竹歳誠・在オーストリア日本国特命全権大使、セップ・リンハルト・ウィーン大学名誉教授・墺日協会副会長・役員
司 会:ブランドル紀子博士・ウィーン大学研究員

 ウィーン公演は、日墺修交140周年(ドナウ交流年)に当たる2009年4月の特別展「メイド・イン・ジャパン」開会式、同年11月の「日本の宮廷音楽と舞踊」に続く三度目の公演となった。会場は、2009年と同じウィーン国立世界博物館(旧称ウィーン国立民族学博物館)。二夜連続の公演となった。
 一日目の公演に先立ち、雅楽ワークショップがウィーン大学にて開催された。同大学東洋学研究所研究員のブランドル紀子博士が「雅楽の歴史」をテーマに特別講義を実施。興味ある学生が参集。笙、篳篥、龍笛の楽器紹介も行われた。
 公演初日の冒頭、世界博物館アジア部門学芸主任のベティーナ・ツォルン博士、竹歳誠・在オーストリア日本国特命全権大使よりご挨拶をいただいた。大理石の4階建て吹き抜けドームの会場は、音響効果も優れ、音楽に敏感なウィーン市民たちは雅楽、舞楽を堪能された。公演には来賓を含め、二日間で約270名の観客が訪れた。
「舞台と観客との一体感、臨場感、双方の熱気が渦巻いて天上高く舞い上がるようでした。私には、北之台雅楽アンサンブルのこの5年間の厳しい修練の日々が手に取るように感じられました。」と司会を務められたブランドル紀子博士は公演の成功を祝された。


画像をクリックすると拡大写真が見られます


「ドナウ・ライン・地中海 青海波公演」ページトップに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ