2014年 ドナウ・ライン・地中海 青海波公演

国際交流基金 平成26年度文化芸術交流海外派遣プログラム

フランス・ストラスブール ストラスブール地方音楽院公演

 

公演日:5月21日
主 催:在ストラスブール日本国総領事館、アルザス・欧州日本学研究所、ストラスブール市
場 所:ストラスブール地方音楽院 コンサート・ホール
演 目:海青楽、浦安の舞、陵王、青海波
会場様式:コンサートホール 500席
来 賓:長谷川晋大使・在ストラスブール日本国総領事/欧州評議会オブザーバー。
司 会:ヴィルジニー・フェルモー博士・アルザス・欧州日本学研究所企画統括責任者

 ライン河を境にドイツと隣接するアルザスの首都ストラスブールは長い歴史とライン河にフランス最大の河川港を持ち、交通の便の良さから商工業が盛んな街である。
 このストラスブール公演は、「日本・アルザス交流150周年」記念事業として、在ストラスブール日本国総領事館、ストラスブール市が一体となっての企画となり、多くの観衆が長年にわたる両国の文化交流を祝った。
 会場には長谷川大使のお声掛けによりアメリカ合衆国、リヒテンシュタイン公国、モンテネグロ、バチカン市国、トルコ共和国の総領事または代理の方々等各国要人や、Dernières nouvelles d’Alsace(アルザス地方の第一紙)新聞社社長、地元ラジオ局の編集局長などマスコミ関係者もお見えになった。
 会場となるストラスブール地方音楽院は、地方の音楽院ながら1855年創立という由緒ある音楽院である。レベルの高い音楽教育に定評があり、日本を含む多くの国から留学生を受け入れている。メイン・コンサート・ホールの500の客席はほぼ満席で関心の高さを窺わせた。


画像をクリックすると拡大写真が見られます


「ドナウ・ライン・地中海 青海波公演」ページトップに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ