2014年 ドナウ・ライン・地中海 青海波公演

国際交流基金 平成26年度文化芸術交流海外派遣プログラム

モロッコ・ラバト モハメッド五世国立劇場公演

 

公演日:5月26日
主 催:モロッコ王国文化省、在モロッコ日本国大使館
場 所:モハメッド五世国立劇場
演 目:浦安の舞、海青楽、陵王、青海波
会場様式:コンサートホール800名
来 賓:ラバト市長はじめ、日・モロッコ友好議連会長、モロッコ預託管理庫総裁、モロッコ漁業公社総裁、マワジン実行委員会副理事長、アラブ・マグレブ連合事務局長、ベネズエラ大使夫妻、ベトナム大使夫妻等、多くの外交団
司 会:赤岡晴子氏(モロッコ政府官僚夫人・大使館委託職員)

 現国王モハメッド六世の祖父の名を冠した由緒あるモハメッド五世国立劇場にて開催。モロッコ王国文化省の全面的な支援のもと、在モロッコ日本国大使館が主催となって実施された。会場には約800名が来場し、会場は熱気で溢れた。公演に先立ちモロッコ国営放送よりインタビューを受けるなど、本公演に大きな関心と期待があることが感じ取れた。
 モロッコでの雅楽演奏は、フェズに次いで今回が二回目。奏でられる演目のたびに、観衆による拍手が鳴りやまなかった。

 今回のカサブランカ、ラバトにおける雅楽公演は、欧州、アフリカにおける外交官勤務が長く、多くの人脈を持たれる元外務省参事官八角幸雄・久子ご夫妻のご尽力により実現した。特に、久子夫人には本公演にご同行いただき、モロッコの道先案内人の労を取っていただいた。


画像をクリックすると拡大写真が見られます


「ドナウ・ライン・地中海 青海波公演」ページトップに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ