2014年 ドナウ・ライン・地中海 青海波公演

国際交流基金 平成26年度文化芸術交流海外派遣プログラム

ドイツ・ミュンヘン オルフ・センター公演

 

公演日:5月19日
主 催:ミュンヘン・ルートヴィッヒ・マクシミリアン大学、オルフ・センター・ミュンヘン
後 援:在ミュンヘン日本国総領事館
場 所:オルフ・センター特設ステージ
演 目:浦安の舞、海青楽、陵王、青海波
会場様式:会議室 150席の特設席
来 賓:柳秀直・在ミュンヘン日本国総領事、マーチン・レナート教授・ミュンヘン・ルートヴィッヒ・マクシミリアン大学アジア研究学科日本センター所長、トーマス・ロシュ博士・オルフ・センター所長

 ドイツで最も伝統のある1472年創立のミュンヘン・ルードヴィッヒ・マクシミリアン大学と、究極の名作と言われるオラトリオ「カルミナ・ブラーナ」を作曲した作曲家カール・オルフ(1895 - 1982)の研究機関であるオルフ・センターの主催、さらには在ミュンヘン日本国総領事館の後援およびバイエルン独日協会のご協力によってミュンヘン公演が行われた。ミュンヘン大学に隣接するオルフ・センター内の二階ホールを会場とし、来賓を含む約150名の観客が会場を満たした。
 冒頭、ルートヴィッヒ・マクシミリアン大学のレナート教授、柳秀直・在ミュンヘン日本国総領事、オルフ・センター所長のトーマス・ロシュ博士よりご挨拶いただいた。
 昨年、米国コロンビア大学バーバラ・ルーシュ名誉教授より北之台雅楽アンサンブルを紹介されたレナート教授が本公演を企画運営された。レナート教授ご自身、小学校の頃に雅楽を聞いて感動し、将来自分が雅楽の演奏会を大会場ではなく、アットホームな会場でオーガナイズするのが夢であり、それが叶い感無量だったとのコメントをいただいた。
 熱気あふれる会場は、舞台に繰り広げられる日本の音と舞に魅了された。


画像をクリックすると拡大写真が見られます


「ドナウ・ライン・地中海 青海波公演」ページに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ