2014年 ドナウ・ライン・地中海 青海波公演

国際交流基金 平成26年度文化芸術交流海外派遣プログラム

モロッコ・カサブランカ 岸邸公演

 

公演日:5月25日
主 催:在カサブランカ日本人有志の会
場 所:カサブランカ 岸邸ホール
演 目:海青楽、陵王、青海波
会場様式:100席の特設席(+40名の立ち見)
来 賓:元駐日モロッコ大使夫人、日本企業社長など、多くの現地有識者
挨 拶:岸均氏、日本モロッコ友好協会モロッコ会長・元エネルギー省大臣ゲラウィ氏、現カサブランカ市長モハメッド・サジッド氏

 大西洋・地中海に面し、モロッコの第1の経済都市として映画でも有名なカサブランカ。当地に於いて、永年「日本・モロッコ交流」に、経済のみならず道路建設など、多大な貢献をされた元三井物産カサブランカ社長の岸均氏の邸宅にて公演は開催された。
 広いサロンが財界関係者を中心に140名近い来賓で一杯に成るなど、岸氏の広い人脈・交友関係が窺えた。
 演奏会後の地中海鮪寿司など日本料理とワインのレセプションが開催。王族関係者のマダムの方々は、伝統衣装の豪華絢爛たるカフタンを纏い、舞楽装束との共通性など歓談し、楽人、舞人との記念撮影、交流で賑った。カサブランカ市長より、井口副代表と岸夫人に銀の宝石箱の記念品を贈呈された。

 今回のカサブランカ、ラバトにおける雅楽公演は、欧州、アフリカにおける外交官勤務が長く、多くの人脈を持たれる元外務省参事官八角幸雄・久子ご夫妻のご尽力により実現した。特に、久子夫人には本公演にご同行いただき、モロッコの道先案内人の労を取っていただいた。


画像をクリックすると拡大写真が見られます


「ドナウ・ライン・地中海 青海波公演」ページトップに戻る

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ