2013年 日本国内の活動

12月4日 プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」 第4回 習志野市立大久保東小学校

 器楽クリニック第4回目は、下総台地の一角、習志野市の大久保東小学校です。
 今回参加した児童は6年生107名。「平調越殿楽」や舞楽「迦陵頻」の鑑賞のほか、迦陵頻の出手《でるて》を全員で練習したり、楽器体験をしたりと、より一層、実際に雅楽に触れる内容となりました。
記事詳細

 

11月29日 プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」 第3回 鋸南町立鋸南中学校

 第3回目の今回は、内房の東京湾を臨む鋸南中学校で開催されました。
 今回は1・2年生(計130名)が管絃「平調 越殿楽」と舞楽「青海波」の鑑賞と、越殿楽の龍笛の唱歌を一緒に歌ってみました。その後1年生(64名)が実際に楽器を触っての楽器体験でした。
記事詳細

 

11月21日 プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」 第2回 富里市立富里中学校

 第2回となる器楽クリニックは、成田国際空港のある成田市の隣り、北総台地の中央、富里市の富里中学校にて実施されました。
 生徒さんは朗詠の「嘉辰(平調)」を一緒に歌ったり、左方舞の出手を舞ってみるなど、単なる鑑賞だけではなく実際に雅楽を体験してみました。
記事詳細

 

11月17日 第9回 明治大学連合父母会 父母交流会 雅楽演奏会

 今年で第9回となる明治大学連合父母会の父母交流会。会場のリバティー・ホールには多数の来場者があり、多くの学生イベントなどが演じられたが、今年もその最後を締めくくる演目として当アンサンブルが出演した。
 演目は昨年と同様の内容で、楽器紹介に続いて、管絃「双調音取」「胡飲酒破」、舞楽「甘州」を奏し好評を博しました。

 

9月26日 プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」 第1回 香取市立香取中学校

 『プロに学ぼう「器楽クリニック(邦楽)」』の第1回目を千葉県の香取中学校にて実施した。
 内容は管絃「平調音取」「越殿楽」「陪臚」、舞楽「迦陵頻」「青海波」の鑑賞。
 その他、香取神宮のお膝元の香取中学校は、総合学習の一環として雅楽を学んでいる生徒がおり、当アンサンブルメンバーと越殿楽での合奏も実現した。
記事詳細

 

3月16日 「聴いて触れる はじめての雅楽」公演

 3月16日、北海道登別市の登別市民会館において「聴いて触れる はじめての雅楽」と題して雅楽公演を行った。
 この公演は実行委員会発足以来2年の歳月をかけ、北海道助成交付金事業として、胆振総合振興局、登別市、登別教育委員会、登別市文化・スポーツ振興財団、登別市商工会議所、登別市観光協会、登別市文化協会の全面的な協力の下、文字通り登別市で初めて行われた雅楽の演奏会である。
 当日は胆振総合振興局・石本みずえ副局長や登別市・小笠原春一市長の挨拶を始め、堀井学衆議院議員のメーッセージも読まれるなど、初めての雅楽公演への期待の大きさが感じられる演奏会となった。
 公演は2部構成で行われ第1部は管絃、第2部は舞楽となっており、どちらも好評を博した。
 また演奏会に先立ち、地元の明日(あけび)中等教育学校及び青嶺(せいりょう)高等学校の生徒を対象とした楽器体験教室も併せて行われた。

(室蘭民報の記事)(北海道新聞の記事)

 

3月9日 第2回 雅楽と国際文化交流「アフリカにおける大使館業務とヨーロッパにおける文化交流」

 3月9日、歩行者天国で賑わう東京の銀座中央通りに面した銀座十字屋ホールにて、第2回「雅楽と国際文化交流」を開催した。本事業は、在日モロッコ王国大使館アルール大使ご夫妻の格別のご配慮を賜り、同大使館後援事業として行われた。
 当日は、森英介・衆議院議員、横田淳・外務省経済外交担当大使、引原毅・外務省欧州局参事官、在日モロッコ王国大使館・ラハムニ公使参事官、また当アンサンブル地元であるいすみ市より太田洋市長等のご来賓者始め、約100名の方々が来場され、会場は満席だった。
 冒頭、森議員よりご挨拶をいただいた後、第一部として管絃『双調音取/胡飲酒波』、舞楽『甘州』を奏した。
 第二部では、第一回目の講演に引き続き、八角幸雄氏(元・在ルクセンブルク日本国大使館参事官)を講師としてお招きし、「アフリカにおける大使館業務とヨーロッパにおける文化交流」をテーマにご講演いただいた。映像を交えての講演は大変分かりやすく、来場者は国際社会における日本外務省の諸活動に認識を新たにすることが出来た。
 その後、久子夫人によるモロッコ料理ハリラ(トマトスープ)やホブス(モロッコパン)の紹介に加え、在日モロッコ王国大使館職員ディナール氏によるミントティーの実演が舞台上で披露された。試食を兼ねてのレセプションでは、モロッコのお菓子、ダッツ、モロッコワインも加わり、来場者は、地中海の香りと共に、土曜日の午後のひと時を満喫した。
 来年2014年5月には、欧州・モロッコ雅楽公演を企画中でもあり、本事業は、モロッコと日本両国の国際友好親善交流がさらに深まった行事であった。

(詳細ページヘ)

(第1回イベントの詳細)

 

3月5日 千葉県いすみ市立中根小学校 雅楽体験教室

 千葉県いすみ市の中根小学校の「6年生を送る会」の一環として、全児童対象の雅楽鑑賞会と、5・6年生対象の雅楽体験教室が開催された。
 6年生による「越殿楽今様」の楽器演奏ののち、当アンサンブルが管絃「平調越殿楽」、舞楽「迦陵頻」を奏した。
 参加した児童からは、「初めて聞いた」「予想してたのと違う音だった」などの意見が聞かれた。

 

2月9日 ベルギーよりアド・イゲンス博士来訪 香取神宮を視察 

 2月9日より17日まで、ベルギーよりアド・イゲンス博士が千葉県いすみ市にある北之台雅楽アンサンブル本部を来訪。2016年開催予定の欧州雅楽公演「雅(Miyabi)」の事前準備の為の来日である。同博士は、井口代表、井口副代表との脚本シナリオ、演出の検討、アンサンブル楽団員とのリハーサル、写真ビデオ撮影等行った。
 博士は、世界15カ国に広がる実存分析世界連盟会長の任にあり、哲学と芸術及び心理カウンセリングの統合を目的に、世界各国でカウンセリング、セミナー、講演活動に尽力されている。
 雅楽の根底に流れる日本の美意識の高さに惹かれた博士は、欧州の観衆により理解を促す為に、映像、照明に工夫を凝らし、雅楽を生み出した日本の風土、精神性をビジュアルな観点から演出を表現したいと考案されたのが「雅(Miyabi)」公演である。
 滞在期間中の2月12日には、千葉県香取市にある香取神宮を訪問。同神宮の禰宜・香田隆造氏と会見する機会を得た。(写真提供 香田隆造氏)

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ