10月16日 マサチューセッツ州立大学アムハースト校 ボーカー・オーディトリアム

 

主催:マサチューセッツ州立大学

共催:Subow 5 Foundation Inc.

演目:管絃 太食調音取、傾盃楽急、輪鼓褌脱、長慶子

   舞楽 迦陵頻、青海波

 

 大学公演3つ目の会場となったのは、2008年米国さくら祭り「ふろしき」公演の会場ともなったボーカー・オーディトリム。客席はバルコニーを持ち音響にも優れた建物である。
 そもそも、今回の大学公演はマサチューセッツ州立大学ファイン・アーツ・センター、アジア芸術文化プログラム・ディレクターのランジャナ・デヴィ教授のお茶の紹介を目的した公演計画に端を発し、それが2012年4月の日米桜寄贈100周年記念公演になり、さらに本公演へとつながったもので、今公演は本大学公演の原点とも言えるものである。
 公演はデヴィ教授の挨拶、次いで五大学東アジア研究所所長のアン・プレスコット教授の雅楽説明より始まった。

 







 

「2013年 アメリカ東海岸大学雅楽公演ツアー」目次ページに戻る

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ