2013年10月11~12日 プリンストン大学 フリスト・キャンパス・センター

主催:プリンストン大学東アジア研究学部 日本語プログラム

共催:Subow 5 Foundation Inc.

演目:管絃 太食調音取、傾盃楽急、輪鼓褌脱、長慶子

   舞楽 迦陵頻

   レクチャー 「錦織について」 龍村周氏(http://www.koho-nishiki.com/

   舞楽 青海波

 

 今回のアメリカ東海岸大学公演の最初を飾るのは1746年設立のプリンストン大学(ニュー・ジャージー州プリンストン)。アイビー・リーグ8校の一つで、世界の様々な大学ランキングでも常に上位に位置する名門校である。
 同大学のフリスト・キャンパス・センターにて、11日、12日の二日間において公演が行われた。200名入る会場はほぼ満席で、雅楽や日本文化に対する関心の高さが伺えた。また、同校は海外における日本語教育のモデル校にも指定されており、今回の公演には多くの日本人教育関係者にもご来場頂いた。
 さらに、京都の錦織作家・龍村周氏による錦織レクチャーも併せて行われ、錦織や青海波の衣装に関する説明も行われ、来場者の興味を大いに引いた。
 尚、同大学での公演の舞楽「迦陵頻」にはベルギー在住の当アンサンブルの舞楽生徒も参加し、より国際色豊かなものとなった。

 

フリスト・キャンパス・センター

初日の司会をして下さったトーマス・ヘア教授
比較文学部教授 東アジア研究プログラム部長

2日目の司会をされたを同大学3年生のマーシュ君。
日本語と英語を交互に駆使しての説明は大変わかりやすかった。



龍村周氏による錦織のレクチャー



 

「2013年 アメリカ東海岸大学雅楽公演ツアー」目次ページに戻る

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ