10月15日 バークリー音楽大学 パフォーマンス・センター

 

主催:バークリー音楽大学

共催:Subow 5 Foundation Inc.

演目:管絃 太食調音取、傾盃楽急、輪鼓褌脱、長慶子

   舞楽 迦陵頻

   レクチャー 「錦織について」 龍村周氏(http://www.koho-nishiki.com/

   舞楽 青海波

 

 1945年設立のバークリー音楽大学は、当時の音楽大学がクラシック主流であった中、ジャズなどのポピュラー音楽を扱う大学として創設され、現在のジャズ、ポピュラー音楽理論の発展に大いに貢献してきた大学である。
 公演に先立ち器楽クリニックが開催され、本公演においては1975年にバークリーを首席で卒業し、1976年より教鞭をとっておられるタイガー大越先生と、越殿楽でのコラボレーションが実現した。
 龍村周氏による錦織レクチャー、さらに、今回の演奏会では管方も新調された襲装束を身につけ、一段と華やかな舞台となった。
 迦陵頻は日本からの舞人3名とアメリカ在住の1名の4人によるものである。

 

バークリー音楽大学
パフォーマンス・センター

器楽クリニック
通訳兼説明はタイガー大越先生がなされた

司会をして下さった作曲学部のアレン・ルヴァイン教授
同校にて日本の音楽を教えられているほか、自ら雅楽の楽器を習ったこともおありになる



タイガー大越先生と越殿楽でコラボレーション

龍村周氏と錦織作品展示





動画を見る

 

「2013年 アメリカ東海岸大学雅楽公演ツアー」目次ページに戻る

 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ