2012年 日本国内の活動

 

2012年11月18日 第8回 明治大学父母交流会 雅楽演奏会

 今年で第8回となる明治大学父母交流会。のべ3000名を越える入場者があり、多くの学生イベントなどが演じられたが、その最後を締めくくる演目として当アンサンブルが出演した。
 演目は4月にアメリカにおいて行われた「100年の春、1000年の春」公演と同様、管絃は双調音取、胡飲酒破、舞楽は甘州を楽器紹介に続いて奏した。
「親切な楽器の紹介があったので、とても興味深く聴くことができた」「日本が世界に誇る素晴らしい古典芸術を鑑賞することができ、貴重な経験となった」との意見が多かった。
 雅楽公演終了後は聴衆より惜しみない拍手をいただいた。

 

2012年11月15日 昭和女子大学 人見記念講堂公演

   当アンサンブルの公益化初の雅楽公演が、去る11月15日、東京都世田谷区の昭和女子大学人見記念講堂にて行われた。
 この公演は昭和女子大学の主催の文化研究講座として、同大学生を中心に一般にも公開された。演目は本年4月に行われた日米桜寄贈100周年記念公演のうち、ボストン・シンフォニー・ホールでのボスト交響楽団との共同公演の時と同じものである。
 また宮本卯之助商店より左右一対の大太鼓、大鉦鼓をお借りして本式の舞台設営が実現した。
(写真ページを見る)

 

2012年8月18日 雅楽と国際文化交流 「第1回 外交官の仕事と現実 アフリカ」

 8月18日(土)、国際文化交流活動の一環として、 当アンサンブルとNPO法人日本古典芸能雅楽普及会との共催で、「雅楽と国際文化交流」講演会が、平塚市中央公民館において開催されました。
 元駐ルクセンブルグ日本国大使館参事官八角幸雄氏を講師とし てお招きし、『外交官の仕事の現実、アフリカ』をテーマに講演をいただき、舞楽サークル会員を中心とした約50名の参加者からは好反響の声が寄せられました。併せて、講演後は、八角夫人より、モロッコ風クスクス料理のレシピが紹介され、試食に参加者は大満足でした。次回は、2013年2月を予定しています。
詳細情報ページを見る


 

ホームへ戻る 無断転載禁止 ページ上部へ